作業工程

工程1  データ処理

お客様から発注を頂くと、すぐに設計に取り掛かります。
図面や現物品、原寸のイラストなどをベースにCADというソフト を使用して設計します。
CADとはComputer Aided Design の略で、コンピュータで設計 を行えるソフトです。
当然に、CADの知識が必要となります。

 

工程2  レーザー加工

べニア板等のボードに、刃をはめ込むための溝や切り抜きを実施 します。
切り抜きはレーザーによってボードを焼き切ります。
レーザーを搭載した機械は、作業工程1の CADで作成したデータを、 CAMというソフトで読み込んでCADで作成した通りの加工をおこないます。
CAMとはComputer Aided Manufactureing の略で、コンピュータ で製造を行える・・つまりは工作機械を動かすための橋渡しをするソフトです。

 

工程3 刃種選択

作業工程2までで、刃を埋め込む台座は完成です。
次は、この台座にはめ込むための刃を選択します。
ただ単に刃と言っても、抜く材質や、どのように打ち抜くかによって 刃を替えなければなりません。
刃は、厚みや材質、深さなども考慮すると全部で数十種類あります。
この中から、もっとも適切な刃を選択するのです。
刃を選択する工程は、危険こそ伴いませんが、長年の経験が ものをいう非常に重要な工程です。

 

工程4 刃曲げ切断加工

刃が決まりましたら、いよいよ刃を曲げ・切断等して加工していきます。
オートベンダー(自動曲げ機)という機械に、刃を流して、設計通りに 曲げや切断を加えていきます。
ここでも、やはり作業工程1のCADデータを読み込み、CAMを 経由して曲げ機が加工していきます。

 

工程5 埋め込み仕上げ

加工された刃を、ボードに埋め込んでいく作業です。
どんなにCADソフトや曲げ機が優れていたとしても、やはりすんなり台座 に埋め込むことができるかというと、そんなことはありません。
微妙な調整が必要なのです。 この調整も技術者の経験や技能が必要とされる箇所です。
多種多様な機械を駆使して、想定通りの打ち抜きができるように刃を埋め込んでいきます。

 

工程6 検査

すべての溝にすべての刃が埋め込み終わるまで、 工程3,4,5は繰り返し行われます。
すべての刃が埋め込み終わったところで、刃が想定通りにはめ込まれているか、
刃のつなぎ部分は問題ないかなどの検査をおこないます。この抜型で想定した打ち抜きができるかどう
か判断をおこなう、重要な工程です。